2013年6月10日月曜日

美白成分の使い分け

これまで紫外線についてとお手入れ方法をお話してまいりましたが、今回は化粧品に含まれている成分についてお伝えしてまいります。

皆さんが知っている、テレビコマーシャルや雑誌などから耳にした美白化粧品の有効成分って何でしょう?
数名の方に伺ったところ、ほとんどの方が「そう言われると何だろう・・・ビタミンCかなぁ!?」とおっしゃっていました。

その通りで、シミ=ビタミンCと言うのが1番有名だと思います。


化粧品を購入しますと、箱などに全成分が表示されているかと思います。
ビタミンCの化粧品成分名は「アスコルビン酸」です。
耳にしたことは有りませんでしたか?
よく、アスコルビン酸ナトリウムって書いてあるかと思います。

通常、ビタミンCは水溶性で、しかもすぐに酸化してしまうので、安定化したビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルマグネシウム)や、皮膚に吸収されやすくするために油溶性にしたビタミンC(ジバルミチン酸アスコルビルやステアリン酸アスコルビルなど)などが配合されています。

ビタミンC誘導体の他にも、大手化粧品メーカーでおなじみのアルブチンやコウジ酸・植物エキス醗酵液・エラグ酸・プラセンタエキスなどの成分が美白化粧品に配合されています。

また、美容皮膚科で処方されている、肌の漂白剤といわれる「ハイドロキノン」もあります。


これらの成分は、シミに対して有効ですが、成分別の使い方もあるんですよ。


たとえば、ビタミンC誘導体やアルブチン・植物エキス醗酵液は、シミを作る基となるチロシナーゼという酸化酵素の働きを抑制します。シミ予防として、日々のお手入れに効果的です。

また、出来てしまったシミに対しては、アスコルビン酸の他に、抗酸化力の強い植物エキス醗酵液やエラグ酸配合のもの、また、メラニン排泄と保湿効果のあるプラセンタエキスが効果的です。


食べ物でいいますと、シミの他にもハリや弾力に欠かせないビタミンCや、皮膚のターンオーバーにかかわるビタミンAと抗酸化力の強いポリフェノールを含む食品をこころがけると肌の色つやに効果がありますよ。






美と健康をプロジュースASCLEホームページはこちらへ


















1 件のコメント:

  1. 私があなたの記事を読んで楽しんでいます。それはよく書かれています。あなたはブログを書くことに時間と労力を大量に費やすように見えます。私はあなたの努力を鑑賞しています。あなたは、私のサイトを訪問することができます
    香水購入

    返信削除